交代制勤務は長時間勤務になる事も多く、体力がなければ続けるのが難しい職種です。

看護師になるデメリット

 

看護師はいわゆる「手に職」の職種であり、一度取得すれば一生の資格になります。
看護師になるデメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

生活リズムが安定しない

勤めている病院や施設によっては夜勤勤務や交代勤務になることもあります

 

夜勤が終了するとそのまま日勤になる事もあるなど、シフトが一定ではなかったり、長時間勤務になってしまったりなどで、生活リズムが安定しません

 

友人や家族との時間も合わなくなる事も多くなりがちです。
また、そういった安定しない生活リズムが続く為、体調を壊してしまう人もいます

 

 

責任が重い

直接医療行為ができないとはいえ、患者さんの命を預かっている仕事になります。
そのため、重い責任をきちんと背負う覚悟が無ければ勤まる仕事ではありません
医療ミスを起こしてしまえば犯罪者になってしまう可能性もあります。
一つ一つの仕事を丁寧に間違いなく行う覚悟が必要です。

 

 

ストレスが多い

ストレスを受けるクマ

命を預かる仕事の責任や、患者さんと医師との間に挟まれることが多く、それにより多大なストレスを感じます

 

また、女性の多い職場ですから、派閥やイジメなどの女性特有の人間関係のいざこざも起こりやすく、仕事以外のストレスも感じやすい職場ではあります。

 

 

病気のことは何でもわかると誤解される

看護師は直接医療行為を行えるわけではないので、病気の事が何でもわかるわけではありません。しかし、他の人からは「病気について何でもわかる」と誤解されてしまいがちで、健康相談や病院扱いされてしまう事があり、それがストレスになってしまう事もあります

 

 

体力がいる

看護師は常に動き回っている仕事が多いので、体力勝負になることが多くあります。また、勤務が交代制であると、長時間勤務になる事も多く、体力がある程度ないと続ける事が難しい職種でもあります。