実習の多い専門学校と一般教養も学べる看護大学

専門学校と大学の違い

これから看護師になりたいと思っている人、看護師資格を取得したいと思っている人にとって
「どうやったら看護師になることができるか?」
というのは非常に重要なところです。

 

ナース

 

看護師は非常に普遍的な職業ということができ、歴史的にも現在進行形でも非常に重要な社会的役割を担っています。

 

看護師資格は国家資格であり、取得するにはそれなりに勉強や実習を積まなくてはなりません。

 

看護師になるにはその国家試験を突破する必要があるのですが、事前に定められた期間、学校などの養成施設で学ぶ必要があります。

 

 

主に現在主流となっている方法は、看護専門学校で学ぶ方法看護大学に進学する方法とがあります。また看護短期大学などもあります。

 

 

看護専門学校や看護大学に進学するのでは何が違うのかを考えていきましょう。

看護専門学校でも看護大学でも学校に通って卒業すると看護師の国家試験を受験する資格を獲得することができます。

 

しかしもっとも大きな違いは、看護専門学校は通常3年制であるのに対して、看護大学は4年通って卒業するということです。

 

最短で看護師になることを希望するのであれば、看護専門学校や看護系の短大で学ぶのも一つの手です。通年の時間が少ないのは大学で4年間勉強するよりも早く看護師としての実践的訓練を受けられるというメリットがあります。

 

逆に看護大学を受験するメリットとしては、4年という少し長い学びの機会を得ることで、より高い専門性と総合性を得ることができます。

 

看護師という職業は人間や命をサポートする非常に専門性の高い職業です。
また4年制の大学を卒業すると看護師となったあともキャリア形成に大きく貢献するし、就業したあとも給与面で優遇される可能性が高いともいわれています。

 

また看護大学はなにも看護専門学校と違い看護や医療のことだけを学ぶのではなく、一般教養と呼ばれる分野も学ぶことができ、大学を卒業すると得られる学士の称号も得ることができます。

 

そういう意味では総合的人材をより育成することができるのが看護大学ということができるでしょう。ただし大学は専門学校よりも学費が高いことが挙げられます。

 

また専門学校が3年で卒業するのに対して大学は1年余計に学費を支払わなければならずその意味でもすこしハードルが高いといえます。

 

家計にそれほど余裕がなく早く看護師になって自立したいなら看護専門学校や看護短大
じっくりと時間をかけてより長い目で看護師としてのキャリア形成を目指すなら看護大学ということもできます。