派遣看護師は時給が良く、転職がしやすく、派遣会社に仕事内容を相談できるメリットがあります。

派遣看護師について

 

看護師には正職員以外にもパートやアルバイトや派遣と言った働き方があります。
ここでは派遣看護師についてご紹介します。
派遣看護師とはどのような働き方になるのでしょうか?

 

 

派遣とは

正職員やパートやアルバイトと大きく異なるのは、病院と直接契約をして働くのではなく、派遣会社と契約をし、派遣会社のスタッフとして病院で働く事になる点です。

 

そのため、給料の支払いは病院からではなく、派遣会社から支払われる形になります
福利厚生や社会保険なども派遣会社のものが適用されます。

 

 

派遣で働くという事

仕事の期間や時間が決まっている

派遣看護師が1つの病院で働く期間は、最短1ヶ月~最長3年までとなっています。

 

自分の好きな期間だけ働く事ができ、その後は他の病院で働く事もできますし、病院や派遣会社双方の合意で継続や正職員として働く事も可能です。

 

仕事の時間も契約によって決まっているので、残業などの心配をする必要がありません
万一残業した場合でも、その分の時給はきちんと支払われます。

 

時給がいい

派遣で働く場合、そのほとんどが時給制になります。派遣で働く場合、パートやアルバイトで働くよりもおおよそ1.2~1.5倍ほどの時給になり、派遣で働くほうが高収入を得る事が出来ます

 

仕事内容を派遣会社と相談できる

自分に都合の良い休みをとるためであったり、仕事場の不満などを派遣会社に相談できます。
不満が改善されない場合には派遣先の病院を変えてもらうことも可能です。

 

そのため、派遣で働くほうがストレスを溜めることなく、色々な職場で看護師として働き続ける事が出来ます

 

転職がしやすい

派遣で働くと、病院を変わる際に「契約終了」として職場を変える事が出来るので、キャリアに傷がつくことがありません。派遣後に正職員などで働く場合にも、経歴に不利になるような事にはなりません。