老人ホームなど入所施設では、看護師は胃瘻や吸引などの医療的処置を行うことが出来ます。

看護師の様々な働き方

 

看護師が働くのは病院だけではありません。
看護師にはその他にも様々な働き方があります。
看護師の様々な働き方をご紹介します。

 

 

介護現場で働く

看護師が病院以外の場所で働くのに最も多いのが介護の現場です。
介護の現場でも施設によって働き方が異なります。

 

 

デイサービスで働く

デイサービスでの看護師の仕事内容は、主に「薬の管理」と「健康管理」です。

 

利用者によってどのような薬を使用しなくてはならないか、どんな病気を持っているかなどを把握し、それぞれの利用者にあった対応を行います

 

また、利用者の体温や血圧や脈などを測定し、入浴ができるかどうかの判断を行ったり、具合が悪くなった利用者の対応を行います。

 

デイサービスでは看護師の数がそれほど多くない為、責任の重い業務になります。

 

 

入所施設で働く

老人ホームなど利用者が入所している施設では、「薬の管理」や「健康管理」の他に、「胃瘻」や「吸引」などの医療的処置を行う必要があります。

 

特に特別養護老人ホームは介護度が3以上の利用者が多い為、急に体の異変が起こり、悪化してしまうケースも多く見られます。

 

こういった介護施設では必ず提携している医師や病院がいる為、医師や病院と連携をとりながら点滴などの処置を行う場合もあります

 

老人ホームには医師や薬剤師などがおらず、看護師の人数も少ない中で多くの利用者の管理を行わなくてはいけないため、仕事量も多く、責任も重い業務になります。

 

 

訪問看護師

利用者の自宅へ看護師が赴き、健康管理や医師の指示による医療処置など利用者にあった看護ケアをします。1対1の対応となり、場合によっては利用者のお世話など介護対応をする事もあります

 

また、訪問入浴の看護師という働き方もあります。訪問入浴では、利用者の皮膚の確認や健康状態を測定し、利用者が入浴できる状態のチェックや、入浴後の処置を行います

 

1人でやる事がほとんどのため、効率よく作業を行う必要があります。