大学病院・クリニック・介護施設!働き方は多種多様

看護師の転職

ここでは看護師の転職というテーマで語りたいと思います。

 

看護師としてキャリアをスタートさせてから
「自分の考えていた現実と違う」
「この病院の働き方は自分とあっていない」
「家庭との両立ができない」
といった悩みを抱えることも少なくありません。

 

看護師とひと口にいっても働き方はさまざまで、大学病院であるのか、クリニックであるのか、
介護施設であるのか、訪問看護ステーションであるのかで大きく変わってきます。

 

特に病棟病院である大学病院などは24時間体制で稼動している職場であるので日勤や夜勤の交代制の職場となります。

 

看護師は夜勤が多いといわれがちですが、病棟の少ないクリニックでは朝9時から夕方5時までといった日勤の勤務体制がほとんどで日曜日が休日になるところも少なくありません。
中には夜勤が苦手という人がいて自分の働き方に合わないという人も多いでしょう。
そういう場合は思い切って大学病院からクリニックに転職してしまうといいでしょう。
自分の働き方や働くスタイルに合わないのに仕事を続けていても自分も苦しいし、他のスタッフにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

また病院に勤めていて病棟で容体が急変する患者さんなどの突発的な急患などに対応できないという看護師さんも多いでしょう。
これは対応力の問題ですが、あまりにめまぐるしく変わる職場の雰囲気に慣れることができず短い期間で退職してしまった人も少なくありません。
こういった場合は病院ではなく状態や急変して死に直結する人の心配が少ない介護施設などへの転職がおすすめです。

 

悩む看護師

看護師は介護の仕事もしてもよい仕事で、そういった意味では非常につぶしのきく資格です。
またこういった老人ホームや介護施設には利用者の人数に応じて介護職員とは別に看護師を配置しなくてはならない決まりもあり、介護の現場でも看護師の存在は必要とされています。

 

このように看護師として働くには自分に適した職場はどういうものなのかを見極めることが大切です。

 

また頑張り過ぎて燃え尽きてしまう「燃え尽き症候群」になることにも注意したいですね。