看護師が結婚相手に選ぶのはどんな男性?出会いから結婚までの流れをみよう。

結婚について

 

看護師の大半は20代のうちに結婚します。
仕事への比重が高い仕事の中では結婚率が高くて、結婚や出産した後でも働きやすい職場が多いです。

 

女性看護師は仕事で嫌なことが多くても、結婚した後に有利になることから大きな総合病院での勤務にこだわって仕事を続ける傾向があります。
看護師の結婚事情をまとめました。

 

看護師の出会い事情

ハートと聴診器

 

総合病院なら職場に多くの出会いがあります。
昨今は男性看護師が増えていますし、PT・OT放射線技師併設しているデイサービスなど他の職種の同僚もたくさんいます。

 

看護師と医師が結婚するケースもゼロではないですが、男女の関係になることはあっても結婚に至るケースは少ないです。

 

このほかにも、看護師は合コンや紹介などで外部との出会いも多いです。
激務の仕事ではありますが、職場に仲の良いグループを持つこともありますし、夜勤があれば明けの日を含めて休日自体は多めです。
また、出会いの場が多いことだけでなく、その他にも様々なメリットが存在します。

 

結婚できない人は理想が高い

看護師は男性からも好感されやすく、看護師自身に経済力があるので男性に対してのスペックをそこまで求めていないことが多いです。
収入や勤務先よりも、看護師の仕事を理解してくれる男性を求める需要が高いです。

 

結婚できない看護師は、容姿や性格、経済力などあらゆる面で理想が高いです。
出会いの数自体は多いので、次第に理想が高くなっていったり、勤続年数を増すごとに仕事中心の価値観性格になってしまうと結婚できません。

 

看護師は若いうちから夜勤をすることで高収入を手に入れられます。
人によっては収入の低い人と結婚して、自分の収入をアテにされるのが嫌という理由で、自分以上の収入がある人を結婚条件にする人もいます。

 

結婚願望よりも子供の欲しい願望が強い

 

ウエディングドレスを着た妊婦を旦那が後ろから抱きしめ手でハート型をつくっている様子
看護師は人の命を救う仕事で子供好きの人が多いです。
結婚願望よりも子供を欲しい願望が強い人が多く、医療従事者であることから高齢になるにつれて増えるリスクを理解しています。

 

全体的に20代後半から30代前半にかけて、パートナーに求める理想を下げてでも結婚しようとする人が増えます。自分自身に経済力があることや、結婚後もフルタイムで働く看護師の多いことから、離婚率は若干高めです。

 

ただし、ルックスよりも性格を重視する人が多く、人の弱い部分が出ている患者と日々向き合っている看護師だからこそ、良いパートナーを見極める目利き力が付いていくものです。
離婚する看護師も多いですが、良いパートナーを見つけて結婚してから何十年経過しても夫婦や家族と良好な関係を築ける看護師も多いです。

 

子供の欲しい願望が強すぎると、出産した途端に夫への愛情がなくなってすぐに離婚してしまうケースもたまにあります。