法律上介護業務もできる看護師の資格に注目

看護師の1日(介護施設)

看護師は老人ホームなどの介護施設などでも働くことができます。
特に現在の超高齢化社会では、介護施設や訪問看護ステーションでの人材が多く要求されています。

 

介護施設で働く看護師の1日に迫ってみましょう。

 

 

介護施設では入居している利用者の食事の世話や入浴の補助、排泄の手助けなどの仕事があり、これを看護師が担うこともあります。

 

しかしこれらは介護職員の仕事と重複することがあります。
看護師は法律的にも介護士の仕事を包括している職業なので、
その意味でも看護師の資格というものは非常に有利であるといえます。

 

広い意味で考えれば、看護師は資格を取得したあと働く業界は医療現場と介護現場という2つの領域をまたにかけるともいえるです。

 

介護施設でも看護師は働けるというよりは、一定数看護師を配置しなければならないという配置基準があり、介護スタッフとしての領域だけでなく純粋に看護師としての能力も必要とされているのです。

 

看護師として介護施設で働く上で求められるものというものは、介護業務だけでなく医療行為にかかわる仕事です。バイタルチェックなどの血圧測定や注射や採血などです。
特に体調を崩しやすい高齢者などに関わる介護職員や作業療法士などにとって、看護師の存在はとても頼りになるといわれています。

 

その意味で朝のミーティングでは他の介護職員などのスタッフと綿密に連携を取ります。
看護師として利用者の健康管理や健康状態を把握して、他の介護士にアドバイスをしたり指導をしたりすることが求められます。

 

昼食などを挟んで午後は内服薬を処置したり、尿道留意カテーテルなどの洗浄を行なったり、
看護記録などをつけたりと仕事は忙しいです。その他にも体調の悪い利用者が出たりしたら緊急に対応しなければなりません。

 

また介護施設では病棟病院と同じように24時間体制で稼動しています。
その意味で日勤や夜勤の交代制の勤務になることが多く、申し送りなどの作業の重要性が謳われています。

 

看護師としての専門性を活かし、他の介護スタッフと介護計画をどうつくりあげていくかを考え、それをコミュニケーションを通してブラッシュアップする能力が求められています。