看護師の給料待遇に興味がある人必見!驚きの高収入とは

看護師の給料待遇

これから看護師を目指す人、「看護師の仕事って魅力的なのかな?
と思いはじめている人にとって看護師の給料や収入については非常に興味があるところだと思います。

 

看護師の給料は非常に高いものだといわれています。
これは女性の労働者、特に女性にとってポピュラーな職種である一般事務などとも比較すると高い収入であることは間違いありません。

 

看護師全体の平均的年収は400万円から500万円程度であるといわれ、事務職の女性の年収が大体300万円前後であることを考えると明らかに高収入な職種だということができるでしょう。

 

高収入だけれど「割りに合わない」という声も

看護師の給料はこのように多くの看護師と同じように女性労働者だけでなく全体の平均から見ても非常に高いものであることは間違いありません。
しかし実際に現場で働く看護師にとって看護師として働いてもらう給料が妥当かというと必ずしもそうでもないという声も少なくありません。
それほど看護師の仕事はハードで激務だということの証左でもあります。
20代後半で月給が30万円以上のナースが「給料が少なくて不満」という愚痴がこぼれる世界です。たしかに看護師として働いていると職場にもよりますが、超過残業をサービスで行っている実態も少なくありません。
また看護師の収入の多さは夜勤に頼るところも多く、たしかに残業や夜勤の無い勤務形態になると全体の看護師の収入よりは下がってしまうことは間違いありません。

 

看護師の年収は社会的にも信頼される

看護師という確立された職業における安定した収入は社会的にも大きく評価されます
それは住宅ローンなどの金融機関から融資を申請するのにも、看護師なら高い信用を得ることができ、審査に通ることも少なくありません。
夫の収入よりも奥さんが看護師であることで家を建てることができたという事例も非常に多いことがいわれています。

 

このように看護師の収入は全体的に見ても非常に高いものだということができ、
その高収入と職業としての信頼性は社会的にも確固たる地位を築いているということができるでしょう。