交代制の申し送りは重要な仕事!大学病院の1日に注目

看護師の1日(大学病院)

大学病院に勤務する看護師の1日を追ってみたいと思います。

 

大学病院ともなると必然的に働く人の人数も多くなり、日勤や夜勤などの交代制になることもしばしばです。

 

日勤の場合は病院がはじまる朝の外来の時間に合わせて出勤します。
出勤している看護師が集合して朝礼や朝のミーティングをまず行います。

 

患者さんの情報やチェックすべき項目を打ち合わせてその日のルーティンに役立てます。

 

また夜勤と日勤が交代で勤務する職場では、夜勤の看護師と日勤の看護師が同席して必要事項を申し伝える「申し送り」が行われることもあります。

 

申し送りやミーティングが終了したら病棟を巡回して担当している患者さんの検温などに動きます。体を拭いたり、排尿の面倒を見たりします。また点滴や与薬などを行うこともあります。
ここで点滴や薬の量を間違えてしまうと重大な医療事故に発展します。
看護師という仕事は非常に重大な責任を持った仕事だといえます。

 

看護師の仕事というのは、患者さんに寄り添いその療養の手助けとなることです。
患者さんの声を聴き、何を必要としているかを考える力が重要です。
大学病院は病棟が大きく、また収容できる入院患者の数も多くなるので、つい仕事が流れ作業になってしまいがちです。
一人ひとりの患者さんの声をしっかりと聴けるようなきめ細やかな対応が求められます。

 

昼食や昼休憩を経たら午後の診療や巡回、患者ケアに動き出します。
特に昼食後というのは、薬の時間であったりするので午後はすぐに仕事がまっています。

 

また大学病院で入院している患者さんの中には手術をする人も多く、手術後のケアも集中して行うことがあります。
開腹後のガーゼの交換や傷口に異常はないかなどを観察する役割を担っています。

 

また大学病院は他の病院よりも設備や医療機器が充実していることが多く、それらの医療機器に対する知識も求められます。
そういう意味では大学病院で働く看護師に求められるものは非常に多いといえるでしょう。

 

また大学病院は多人数で動くチーム力が求められます。
朝のミーティングと同じく、夕方のミーティングや夜勤への申し送りなどでは
1日の中で気が付いた患者さんの変化などを事細かに伝える必要があります。
特に師長などリーダーには積極的に報告をしてより正確できめ細かな看護計画を策定する必要があります。