三交代制の勤務は夜勤明け後に日勤が入るなど、厳しいシフトになってしまう可能性があります。

夜勤は大変?

 

夜勤のイメージ画像

 

看護師の仕事の中で「夜勤」と言うと、とても大変そうなイメージがあります。
実際、看護師さんの夜勤の仕事と言うのはどのようなものなのでしょうか?

 

 

看護師の勤務パターン

看護師の勤務パターンには「二交代制」と「三交代制」があります。

「二交代制」とは24時間を2つの勤務に分けた勤務体制のことで、病院によって分ける時間は様々ですが、主に8時間の日勤16時間の夜勤に分けられます。

三交代制とは、日勤・準夜勤・深夜勤の3パターンに分けている勤務体制のことで、病院によって沸ける時間帯は様々ですが、9時間の日勤昼から9時間の準夜勤9時間の夜勤に分けられます。

  • 二交代制の勤務のほうが夜勤が長時間になりますが、シフトが組みやすくわかりやすいのが特徴です。
  • 三交代制の勤務の場合、勤務時間は短いのですが勤務が複雑になり、夜勤明けの後に日勤が入ってしまうなど、厳しいシフトになってしまう可能性もあります。

 

 

夜勤の仕事内容

病院によって様々ですが、夜勤は通常病棟ごとに看護師3人体制で行うのが一般的です。
うち1名はリーダーとなり、夜勤の仕事はリーダーを中心に行われます。

 

また、管理職の看護師が1名「管理当直」として夜勤に配置され、全ての病棟の責任者となる看護部長代行という役割を持ちます。

 

看護部長代行は、緊急時やリーダーでは指示できない判断や結論を行う権限を持っています。

 

夜勤の仕事は、

  • 患者さんの夕食の配膳準備や食事介助
  • 内服薬などの対応
  • 採血やバイタルチェック
  • 1時間おきの夜間の巡回
  • 点滴などの不具合のチェック
  • 看護記録の記載や管理
  • ナースコールの対応

などを行います。

 

日勤時とは異なり人数も少ない為、緊急時の対応などがあると大変になります。
休憩時間は病院により様々ですが、1回の夜勤で1~2時間ほど取る事が出来ます。
また、近年では夜勤専門で働く夜勤専従看護師という働き方もあります